問題解決「FAQ」

セニングが引っかかる

セニングを抜くときにが引っかかる時があるのですが

セニングを抜くときにが引っかかる時があるのですが

セニングには刃先行(はせんこう)と峰先行(みねせんこう)という概念がある事を当社では皆さまにお伝えしております。大工さんが使う木材の表面をけずる鉋(かんな)を思い浮かべて下さい。鉋は手前に刃があるので引くと切れますが、前に押すと峯側(みねがわ)ですので刃はあたらず切れません。特にセニングに言えることですが、もし新品や研ぎ上がりのセニングで「引っかかりを感じる」と感じた場合は、セニングを抜く角度や方向を工夫してみて下さい。

 

刃を先行させる「刃先行(はせんこう)」では髪の毛を引っかける確率が高くなりますので峯側を先行させる「峯先行(みねせんこう)」でのご使用を意識してみて下さい。髪の毛に対して刃を直角にしてスライドさせる行為は髪の毛を傷める行為ですのでオススメはしておりませんが、もしスライドさせながらセニングを入れる場合は刃が十分に馴染むまでは上記の点を意識してみて下さい。

 

 

トップページへ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ
ドライシザー 間引きシザー 研ぎについて カタログ請求 直接ご覧になりたい方