問題解決「FAQ」

刃が急に閉じなくなった

ハサミの刃が急に閉じなくなった

ハサミの刃が急に閉じなくなったのですが。

ハサミの刃が急に閉じなくなったという方がたまにいらっしゃいます。もし新品、研ぎ上がりの刃が急に閉じなくなった場合は、原因として押し切り(親指に力を入れてこねる様な切り方)が考えられます。本来切れるハサミは親指にそれほど圧力を加えなくてもスムーズに切れる事が髪の毛や手に負担がかからないベストな状態です。しかし、研ぎに出すのが面倒臭い、お金がもったいないと研ぎを怠り切れないハサミを無理に使っていると、無意識に押し切りのクセがついてしまう事があります。切れない丸っ刃の状態でしたら押し切りしてもそれほど刃には負担はかかりませんが、(押し切りはすぐに切れなくなります。)新品や研磨後の刃の鋭い状態で無意識に押し切りをしてしまうと、刃を噛ませてしまう事があります。切れないハサミを長く使用していると知らず知らずのうちに押し切りのクセがついてしまうので十分ご注意下さい。

 

 

トップページへ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ
ドライシザー 間引きシザー 研ぎについて カタログ請求 直接ご覧になりたい方