問題解決「FAQ」

ドライカットは何がオススメ?

ドライカットシザーはどれがオススメですか?

ドライカットシザーはどれがオススメですか?

ドライの状態でベースをカットする事をドライカットと呼ぶ方もいれば、スライド・ストロークをする時のハサミをドライカットシザーという方もいらっしゃいますので、目的に合ったドライカットシザーを選ぶのが良いと思います。

 

◆ ドライでのベースカットやチョップカットはしないのでとにかく逃げるハサミが欲しい。ハサミに重みがあるとを降りやすくていいという方Acroleaf WIDE(アクロリーフワイド)が良いと思います。スライドを多様される方は親指が短いAcroleaf WIDE(アクロリーフワイド)オフセットタイプも使いやすいと思います。

 

◆ ドライでベースはカットはせず、程よく逃げチョップカットがしやすく、セニングを使わず間引く時があるので先端が少し細いドライカットシザーが欲しいという方ICHININO-SAN (イチニノサン)が良いと思います。

 

◆ ドライでベースはカットはしないのでとにかく1番逃げるドライカットシザーが欲しいという方は刃が反ったACRO SLIDER (スライダー)が良いと思います。

 

◆ ドライでベースはカットしない。刃先、刃中、刃元、場所によって切れ方が違うとハサミの振るスピードで切れ過ぎたり切れなかったり考えるのが面倒。刃のどの部分で切っても同じ逃げ方で、髪の根元から切っても危なくない小さいハサミが良いという方Baby leaf (ベビーリーフ)が良いと思います。

 

◆ ウェットでもドライでベースも切りたい。なおかつ刃が馴染めばスライド・ストロークも程よく使いやすいオールマイティに近い太めのシザーが良いという方PUFFIN (パフィン)が良いと思います。

 

◆ ウェットでもドライでベースも切りたい。なおかつ刃が馴染めばスライド・ストロークも程よく使いやすいオールマイティに近い少し細めのシザーが良いという方MATELITE-Q(マテライト-クイックシルバー)が良いと思います。

 

以上、ご参考頂ければと思います。余談ですが、ドライカットは、クセのある状態を1度シャンプーしてクセをとり髪の毛をリセットしたドライの状態でカットする事を指します。

 

トップページへ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ
ドライシザー 間引きシザー 研ぎについて カタログ請求 直接ご覧になりたい方